• 法人で導入が進むタブレット

    法人は組織が大きくなるほど新しいテクノロジーを導入することに消極的になります。

    法人タブレットの情報サイトへお越しください。

    しかし、そのような風潮を感じさせないほど普及したのがタブレット端末です。
    これほどまで普及したのは、かつてのコンピュータなどには無い斬新さが関係しています。


    サイズは資料と同様に片手で持ち運ぶには良い大きさであり、ノートパソコンよりも軽量です。しかも、ノートパソコンのように電源ボタンを押してからOSを立ち上げるまでタイムラグが存在しません。

    NAVERまとめに関する疑問を解消してください。

    タブレットなら即座に画面を表示させることが可能であることから、法人のように目の前に居るお客様に対して資料を見せてあげるといったシーンで大活躍します。


    そして、バッテリーの容量が大きいことからおよそ10時間使ってもバッテリー切れにならないので、大事なシーンで使えないというトラブルに見舞われません。こうした点から法人で次々にタブレットが使われているのは、忙しいビジネスマンにとっても頼もしい味方になってくれます。


    その理由は、コンピュータのように作業時に仰々しくならないので電車などでクライアントの元に移動している途中に資料に目を通したり作成できるという事が関係しています。



    実際にタブレットを全社員に配布している文具メーカーでは、かつて朝礼後に行っていたメールチェックを電車内で済ませられるようになったので、時間が有効活用できるようになったとして喜ばれています。
    結果的には帰宅時間が早まり、社員たちのストレスを軽減させられるようになります。